資格の大原グループの企業研修・人材育成に特化したサービスを提供しています。

  • 東京校 TEL 03-3234-6220
  • 大阪校 TEL 06-4806-8669

日商簿記検定3級受験対策

日商簿記検定3級受験対策

日商簿記検定3級受験対策

目的
日商簿記検定3級合格
受講対象者
内定者 / 新入社員 / 全社員 / 初学者
特徴
初学者を無理なく合格レベルに導きます
標準カリキュラム
日数 カリキュラム 所要時間
1日目 ◆簿記の目的・取引・仕訳 3時間
2日目 ◆勘定口座への記入方法
◆試算表
◆商品売買の記帳方法
3時間
3日目 ◆現金および預金の記帳方法
◆手形の記帳方法(手形の決済まで)
3時間
4日目 ◆手形の記帳方法(手形の裏書譲渡から)
◆その他の勘定の記帳方法(有価証券・債権債務・収益費用まで)
3時間
5日目 ◆その他の勘定の記帳方法(訂正仕訳)
◆主要簿および補助簿(小口現金出納帳まで)
3時間
6日目 ◆主要簿および補助簿(受取手形記入帳から)
◆伝票
3時間
7日目 ◆決算・決算整理(売上原価の計算)
◆米国式決算法
3時間
8日目 ◆精算表
◆その他の決算整理(貸倒れ・減価償却)
3時間
9日目 ◆その他の決算整理
(有形固定資産の売却・繰延べ・見越し・消耗品費と消耗品)
3時間
10日目 ◆その他の決算整理(現金過不足・現金・売買目的有価証券・引出金)
◆損益計算書および貸借対照表の作成
3時間
11日目 ◆直前答練(第1回) 問題・解答解説 3時間
12日目 ◆直前答練(第2回) 問題・解答解説 3時間
13日目 ◆直前答練(第3回) 問題・解答解説 3時間
14日目 ◆公開模試 問題・解答解説 3時間

※標準カリキュラムは、ご要望により変更いたします。

研修時間(目安)
42時間(3時間×14日)
使用教材
テキスト / 問題集 / 解答集 / 直前答練:3回 / 公開模試
研修費用
大原人材開発センターまでご相談ください。